近年光回線業者が高齢の方の住居を訪問し最終的に契約させるトラブルが増えています

ここ最近、光回線の業者が高齢の方が住むお宅を訪問し、強引な勧誘をしたり、判断力の劣りつつある高齢者を口先でうまく言いくるめて契約をさせるなど、光回線の契約トラブルが多くなってきています。
この事態を深刻にみて、総務省は契約から八日以内であれば解約できる光回線の契約に際しクーリングオフ制度の導入を2015年に行う方針を明らかにいたしました。
光回線を使用しているのならIP電話を使ってみるとお得で利便性があります。
光回線を使うので、一般の電話回線と同じように音声データを何度も中継しなくても大丈夫です。
そのため、電話料金がとても安くなり、プロバイダにより違いはありますが、月の料金が一般の電話回線よりも安くなることが多くあります。
毎月の光回線の料金は決まった金額を引かれているため、あまり意識していないかもしれませんが、携帯などの料金と合算すると、毎月馬鹿にできないほどの金額を通信代金として支払っていることになります。
いくつかある通信料金プランの中から少しでも安い通信料金のプランで契約を結びたいものです。
光回線の申し込みの際、回線速度が速いと説明されてもそれほど想像がわかないですよね。
しかし、現実に使ってみると、早いという実感は得られなかったとしても、遅い際は強くストレスと感じます。
常にどのくらいのスピードであれば自分が快適に使えるのか知っておかないといけないと痛感します。
NTTの光ファイバーを用いた回線であるフレッツ光は、一流企業のNTTの回線だけあってエリアの広さや通信速度も良質なサービスを享受できるようにしています。
別の会社も料金などで対抗しており、差が開かなくなってきていますが、ご高齢の方たちからするとNTTが安泰だと思う人がたくさんいると思います。