ローンを一本化する際には悪質業者の詐欺に注意

何社までなら利用しても良いという決まりがカードローンには存在しません。

しかし、同時に利用できるのは三社くらいのものでしょう。

それ以上になると、あらゆる条件、たとえば申込段階での返済状態などに関わらず、借入を拒否されます。

借入件数が多い人というのは、新たな借入を行って、これまでに作った借金の返済をすることも多々あるからです。

僕は友人や親戚の結婚式が続いて友人にお金を借りて、言いふらされた苦い経験があります。

軽い気持ちで知人に借りて気まずくなるよりはキャッシングがおすすめです。

予期せぬ支出や生活費が足りなくなってしまったときに困らずに済むのはありがたいですね。

手近なコンビニのATMなどで、必要な額だけを借り入れて、次のお給料でスパッと一括返済すれば、無利息なんていう特典が用意されていることもあります。

家族や同僚がいても、実際に借金を頼める相手って何人いるでしょう。

自分で給料を手にするようになったら少なくとも1枚くらい、キャッシングできるカードを持つと心強いでしょう。

急にお金が必要になった時、多くの人がキャッシングやカードローンを利用すると思います。

ところで、この二つのサービスにおける、それぞれの違いが分からない人も少なくないでしょう。

大雑把な説明になりますが、借入限度額が数万円程度と少ない小口融資を受け、一括返済が基本なのがアイフルのキャッシングで、最大で数百万円までの借入限度額がある大口融資で、分割払いで返済するものがカードローンと呼ばれるものです。

このように、大口融資が可能なカードローンは、アイフルのキャッシングと比較すると、審査に通りにくいと言われています。

現在、借りている業者よりも低金利の業者に借り換えるというのは、かなり効果のある手法です。

さらに、いくつもの借入先があるケースでは、借り換えを行って一本化することができれば、積極的に借り換えを行ってください。

この一本化を行えば一箇所だけの返済で済むので、返済の管理をするのに面倒がなくなり、借入が高額になれば金利が下がる場合もあるでしょう。

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はローン一本化を利用し、借入先を1本化することが先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますが取引実績がある金融機関で問題なく返済していれば融資を受けていてもプラス評価になります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れてこれまでの借入金を一括返済して新しいローンで返済していくということになります。

おまとめローンと借り換えローンは金融上の定義づけは異なりますが、厳密に区別されることはないようで借り換えローンという名前でおまとめローンを提供している金融機関もあります。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますがどちらのローン一本化・借り換えローンがお得かというとどちらとも言い切れません。

両者の決定的な違いは消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできませんが、銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。

おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるのでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のローン一本化の金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても毎月の返済金額を減らすという場合は返済期間が長くなる事を忘れてはいけません。

返済期間が長期化すれば支払う利息も増えてしまうのでローン一本化に借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンは返済日や残高の管理がしやすくなります。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

ローン一本化にも契約前にカードローン審査がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

月々の返済総額を下げたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

毎月の返済額が減ると生活に余裕が出来たと錯覚する人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから与信限度枠をしっかり計算して返済できるローンを完済してしまいましょう。

審査では借入件数よりも過去の返済状況ですから事故さえなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、おまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問については「ローン一本化 よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトには消費者金融と銀行のローン一本化のメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るポイントなど、初めてローン一本化を組むという人には有益な情報が多いのでローン一本化の利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。

参考:ローン一本化詐欺?おまとめ失敗しない方法【悪質業者に騙されない】

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはローン一本化として使える借換え専用ローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますが借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、おまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年とされていますのでショッピングローンとしては長い期間といえますが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの返済の負担が大きくなりますのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むことも視野に入れることになるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融のローン一本化は、マイカーローンの返済に使えない可能性があります。

その理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

信販会社のマイカーローンで、キャッシング枠ということであれば対象となりますが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

「君たちやっぱり...」のCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や返済だけしかできないカードローンだということです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

銀行では、ローン一本化という商品は少なく借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

ローン一本化を利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社利用していることが原因です。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンをやっている金融機関の多くは自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいのでおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションでしっかりと金利計算をすることが借金完済への一歩です。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

ローン一本化とは複数社から借り入れている借金を1本化することによって月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

しかし、利息や返済金額を抑えることができても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

埼玉りそな銀行にはローン一本化や借り換えローンがありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

「りそなプレミアムフリーローン」は「プライベートローンJ」の上位商品ですが申込時に収入証明書が必要になりますローン一本化の申し込みで一番手軽な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、夜中や早朝でも、自分の都合が良いタイミングで申し込むことができます。

web完結とweb申し込みは間違えがちですが申込から契約まで、全工程がインターネットで完了するのはweb完結の方です。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので自動契約機に免許証を持参して手続きをとりローンカードを受け取る方式もあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。