儲けようと思ったら建設業か行政書士+アルファで差別化して仕事をしないといけない

身内が行政書士で,話をいろいろ聞きました.率直に言うと,行政書士はとってもお金は稼げないそうです.なぜかというと,「行政書士でなければできないこと無いから(独占できることがない)」と「知名度のなさ」です.実際,行政書士が何をやってくれるかを知ってくれる人がいません.普通の人は問題があると,とりあえず弁護士あるいは司法書士に頼るのではないでしょうか.そのため,新しく行政書士を取った新人の方たちは,仕事がないと途方に暮れてしまうケースを良く見るそうです.しかしながら,きちんと儲かっている行政書士もいると聞きました.そして,儲かっているケースは主に2つあることが分かりました.1つ目は建設業許可に特化すること.建設業の許可は,いったんやり方を覚えれば同じことの繰り返しだそうです.また,特定の建設会社のひいきになれば,コンスタントに仕事が来るようになります.2つは行政書士+アルファで差別化すること.知名度はなくとも,立派な士業ですから,肩書き的には強いわけです.この肩書きを宣伝材料としつつも,実際は別の部分でお仕事をします.例えば,自分にこの話をしてくれた本人は,経理業務の外注をやっていました.もちろん,税金にかかわる部分は税理士法に抵触する可能性があるので要注意です.あとは行政書士ができることに,相続関係がありますが,これは仕事の量が予測できないので微妙だそうです.ただ,当たれば大きい,とも.実際に何十万かもらえたこともあったそうです