iPhone6Sの形はどうなる?

iPhone6の開発段階の予想では、その形にも注目が集まっていました。
曲線状のデザインになるのではないか、という予想もありましたし、透明ディスプレイの採用の噂も囁かれていました。
またiPadAirのようなカードタイプの極薄モデルもまた、候補とされています。
しかし実際に現在出回っている画像を見る限りでは、形の上ではこれまでのものと特別な変化は見られないもののようです。
ホームボタンがなくなっているなどの変更点はあるようですが、基本的にはディスプレイサイズが大型化している意外に、形の大きな変更はないようです。
ただし常に最新の技術を取り入れているiPhoneですから、iPhone6の次モデル以降にはまた、前述のようなデザインを採用されたものが発売されることも考えられるでしょう。