日焼けケア対策

日焼けケア対策を徹底しよう!

みなさん、日焼け対策していますか?焼かない事が大前提ですがうっかり焼いてしまった場合のアフターケアもとても大切。やけどと同じなので水ぶくれ・かゆみ・皮がむけて痛い場合などは薬など別途処置が必要ですよ。輝く白肌に戻したい・キープしたい場合は美白コスメ選びが肝心!当サイトでは人気のUV商品やおすすめ化粧品ランキングを紹介。コスメ詳細や口コミもあるのでぜひ参考に!

日焼けケア対策におすすめ美白化粧品ランキング

毎日のスキンケアでメラニンができるのを予防しながら透明肌をめざしてみませんか?うっかり焼いてしまった方にも美白成分がしっかり含まれている化粧品を使い続けることで肌の生まれ変わりをサポートできるのでおすすめです!人気ランキングはこちら!

日焼け後ケアも大切!人気美白コスメは?

乾燥エイジングケアで人気のアスタリフトの美白トライアル。年齢肌も気になるけど美白だってしたい、という方に最適のコスメセットです。美白成分はアルブチンとビタミンC誘導体でメラニンの生成を抑えてシミに直接アプローチする頼れるコスメ。更に美白をサポートする三種コラーゲン&アスタキサンチンでハリと透明感をもっと深くから実感させてくれます。まずはお値段もオトクなトライアルセットで試してみて下さいね!
【送料無料・人気アイテムプレゼントつき 1,000円】

「美白力」が自慢のデルメッドのはシミのもとメラニンをつくらせないのが魅力。美白成分を他化粧品会社に納入している三省製薬の自信作です。美白成分ピュールブランがシミの元メラニンをつくるメラノサイトに作用して生成をブロック。光老化を防ぐアカモクエキスや潤いを守るセラミドも配合されていて日焼け肌でお悩みの方には特におすすめです。初めての方は化粧水・美容液・下地つきで二週間たっぷり試せる「美白のおためしセット」がおすすめ。次回購入時に使えるクーポンつき。
【クーポン券つきトライアル 1,575円(税込) 送料無料】

医療レベルの浸透力が自慢のビーグレン。シミに最強といわれる漂白型「ハイドロキノン」で濃いシミも。予防としてコウジ酸の20倍の働きと言われる「シムホワイト377」がメラニン発生をブロックします。更にシミの原因活性酸素を消去する抗酸化型ビタミンCでメラニン生成を促すチロシナーゼそのものに作用。それぞれの成分をビーグレン独自の技術でナノカプセル化しているので肌の奥まで届き透明肌に導きます。
【1,890円(税込) 送料無料】

化粧品を選ぶ時は「美白成分」に着目して下さい。ホワイトニングをうたっている化粧品でも美白成分がわずかしか配合されていないものも多いといいます。

そしてその成分は一つではなく、アルブチン・ハイドロキノン・トラネキサム酸・コウジ酸など数種類あるので、自分との相性も考えて化粧品を探してみるのもいいですね。

毎日の日常紫外線対策を探している方、うっかり日焼けしてシミにりそうな方、そして未来のシミも作りたくないという方も、美白コスメを毎日のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

日焼け止めのおすすめ・口コミで話題の商品紹介

日焼けケアはまず予防。『焼かない』ことが一番です!!それには基本のスキンケアをUV製品に変更するのが良いですよね。

SQUINA(スクウィナ)の「薬用UVホワイトニングベース30」は一本で日焼け止め(SPF30・PA+++)・美白(ビタミンC誘導体)・保湿(スクワラン・コラーゲン・ヒアルロン酸他)・化粧下地の4役こなしてくれる頼れるコスメ。

乳液・日焼け止め・化粧下地・・・と重ねていく行程をコレ一つでできるので便利ですし忙しい朝に時間短縮できるのも嬉しいですね。それぞれの成分も美肌をめざすならとても魅力的です。

また、こういった「一つでいくつかの効果のあるアイテム」というものは結局どれも中途半端な効果しかないという商品もあるなか、スクウィナの薬用UVホワイトニングベースはナチュラルながらもその仕上がりや肌の状態がたいへん良いし、スクウィナの保湿有効成分である深海ザメエキス「スクワラン」のしっとり感で乾燥じわが少なく潤いが続くという口コミが多いようです。

それもそのはず、スクウィナを作っているのは竹輪やお魚の缶詰などの海産物加工で有名な食品メーカー「マルハニチロ」さん。海の有効成分のパイオニアであるマルハニチロの技術で高度な精製かなされた天然スクワランオイルは他とはそのクオリティが違うといいます。その他コラーゲン・ヒアルロン酸・マリンエラスチンなど海のうるおいたっぷりなのも嬉しいですね

化粧下地としての効果にも定評があり、ファンデーションやルースパウダーをのせても「ヨレない」「ぴったり密着する」という声が多く、しかもウォータープルーフ処方なので汗や水にも強く化粧崩れしにくいのも嬉しいところ。

紫外線からしっかり守って更に美白もしてくれる優秀日焼け止めでシミひとつ作らない肌を目標にしてみませんか?あなたの朝のスキンケアにもぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

日焼け対策としてそのメカニズムを知ろう!

『日焼けしてしまった・・・(泣)』という方、日焼けののメカニズムってご存知ですか?

火照ってヒリヒリして痛い、皮がむける、きっと黒くなりそう・・・というトラブル日焼け肌のケアをするならぜひ知っておいてほしいと思います。

良く言われるのが、「火傷をしている」のと同じ状態ということ。唇や頬などの普段陽射しを浴びている顔だけでなく頭皮や背中など普段太陽の光を浴びない箇所は、皮がむけたりかゆみや水ぶくれになりやすいといいます。これは普段浴びない強い日差しによって、お肌がその言葉通り「焼けて」しまっているのです。

さて、焼けた肌の内側ではどのようなことがおこっているのでしょう?紫外線や熱によって「火傷をしている」という状態のお肌は、自分の皮膚を守ろうとしてメラノサイトがメラニン色素をつくり紫外線の侵入を防ごうとします。

日焼けをすると、シミになると言われるのが、この肌の防御作用によってつくられる『メラニン色素』のによって起こるものなのです。このメラニン色素が皮膚の中に沈着して「シミ」となってしまうのですね。

UV対策をおろそかにしたり、ちゃんとしたつもりでも日中にの日差しで夕方、肌がヒリヒリしたり赤く熱くなったりすることもあるのではないでしょうか。

そのような時は、すかさず「冷やす」ことが大切!氷などを使っても良いですし、顔であれば化粧水をたっぷりと与えてローションパックなどをして、火照っている部分を集中的にケアしましょう。やけどをしたらすぐに流水で冷やしますよね。それと同じ。

通常の火傷は、皮膚が赤くなり痛みもありますから、火傷だということがわかりやすいものです。急激な日焼けの場合も痛みやかゆみ・皮むけがあるので、すぐに対処しようとしますね。ただ、日常のなにげなく浴びている紫外線、そしてその毎日の積み重ねでの日焼けというものはなかなかわからないものです。

日常紫外線ももちろんシミになります。意外にしぶといので、あらかじめちゃんと予防する事が大切。忘れがちな首や腕、足首やサンダルからでるつま先などにUVクリームなどをしっかり塗って防御しましょう。日傘や腕カバーなどのグッズを使って紫外線からお肌を守るようにするのもオススメです。

紫外線が肌に良くない事は周知の事実。日焼けのせいで皮がビニールのようにワゴワになったり乾燥がすすみシミ・シワの原因にもなります。それを知ったら無防備に紫外線に肌をさらすなんてことはできなくなったという方も多いのではないでしょうか。

しかしだからと言って太陽を避けては生活できません。まったく日差しに当たらないという生活は、実質的にも不可能に近いですし、病的に太陽を毛嫌いする毎日はやはり疲れそうです。

晴天というのはなんといっても気持ちがいいものですし、時にはレジャーも楽しみたいですよね。それに朝の太陽の光をあびることで体内時計がリセットされたり、すこやかな眠りにつける働きもあるともいいます。

神経質になりすぎず、でも太陽によるダメージを最小限に毎日を送りたいもの。

それには紫外線予防をしっかりして、ついうっかり日焼けしてしまったという場合はよく冷やす。そして美白成分入りの化粧水やひんやりとしたジェルなどでアフターケアを万全にするよう心掛けましょう。

当サイトでも日焼けにまつわる耳寄り情報や口コミで人気の美白コスメなどを紹介しております。自分にあった商品を探してみてはいかがでしょうか。