日焼けケアと紫外線

  • HOME
  • 紫外線の悪影響

紫外線の悪影響って?

肌と紫外線の関係

紫外線の悪影響は皮膚がんになってしまうことが挙げられます。

日焼けすると、お肌の老化にも繋がりますしシミなどにもなります。

跡が残ってしまうのが問題でもあります。

紫外線は、遺伝子に傷をつけると言われています。

遺伝子にまで影響を及ぼすのですから、急激な日焼けはもっとも避けたいものでもあります。

肌だけでなく様々な悪影響が

紫外線の悪影響には、そのほかにも病気になりやすいとも言われます。

免疫が低下することで病気になりやすくなるのです。ヘルペスが唇に出来てしまう人がいます。

どうしても繰り返してしまう原因は紫外線にあります。薬だけでは治らないこともあることを知っておきましょう。

紫外線は、頭皮などにも悪影響を及ぼすこともあります。

出来るだけ日光に当たらないように帽子をかぶるなどして日よけをするようにしましょう。

薄毛で悩んでいる人も紫外線の浴びすぎかもしれません。

また、日焼けサロンなどでお肌を黒く焼いてしまうこともあるでしょうが、やはりお肌に良いことはありません。

流行りだからと言って日焼けしてからお肌のトラブルを引き起こしてしまっては大変です。

紫外線の悪影響のことを理解して、お肌にストレスのない方法を選ぶようにしましょう。

日常では、日傘なども紫外線をカットするだけの力がありますから持っていると便利なものです。

洋服も紫外線カットをしてくれるようなものを選ぶようにしてみましょう。